しがないブログ

しがない人間の雑記レビュー。

【ショボくなる極み】楽天UN-LIMIT 1年無料プランを論ずる

皆さんこんにちは、しがないです😉

寒くなったり暖かくなったりの繰り返しですが、皆さんいかがお過ごしですか?

しがないも仕事場でのストレスを抱えつつ、今日ものほほんと生きております笑

 

 

さて去る3月3日、楽天モバイルが独自のキャリアサービス、「楽天UN-LIMIT」を提供開始すると発表しました。日本のキャリアは大手三社(NTTドコモauソフトバンク)寡占状態が続いており、楽天の参入が発表された当初は、固定観念をぶち壊すかもしれないというユーザーの大きな期待を持ったものでした。

 

しかし、私は楽天モバイル通信面での深刻な問題が解決されていないことを危惧しており、現に2019年8月の総務省行政指導をはじめとした改善の要請をされているようでは、第四のキャリアには値しないであろうと考えていたぐらいでした。

そんな最中での新発表で、私も少し調べていたのですが、結論としてがっかりする内容でしたので、そのポイントを簡潔に紹介していきましょう。

 

 

1.値段がさして安くない

f:id:siganai_com:20200309141305j:plain

プラン料金が基本2980円。ん?安いじゃん。と思いますが...

 データ使い放題電話もし放題でこれは確かに魅力はあります。しかし、後述する理由から、これを投じる価値があるのか?というと、うーんという感じです。

自宅ではWi-Fiを駆使し、データ量を抑えるようにして、他MNVOのサービス(2000円切るプランあり)を活用するのが、今は良いと思います。

 

2.対応エリアが圧倒的狭い(これ重要)

f:id:siganai_com:20200309140746p:plain

上の写真は、東京都23区内外境界近辺を表示した対応マップです。

濃いピンクが楽天モバイル対応エリア、薄いピンクが楽天モバイル対応ではないが、パートナー会社の回線を利用できるエリアです。

まず思ったのが、東京都内ですらカバーできない包囲網の薄さ。回線速度も遅く接続の悪さが既存ユーザーから出ているのに、これじゃあねぇという感じ。

そして次は、埼玉県内のマップを見ていただきます。

 

 

f:id:siganai_com:20200309150904p:plain

え?なにこれ...さいたま市から出てしまったら、為す術もないという狭さ。パートナーエリアの広さが、楽天モバイルの営業力の虚しさを物語っているように思いました。

全国津々浦々自社エリアが拡大すれば、メインとして使用するのもありですが、選択肢としては厳しいものとなりそうです。これじゃあ、月2GBもあっという間に使ってしまいますよね。

 

3.自社エリア外は月2GBまでしか使えない(これ重要)

先ほど私は、「データ使い放題」「パートナー会社の回線を使える」と記述しました。

このデータ使い放題というのは、楽天モバイルのエリア(2の濃いピンクのエリア)に限った話でして、範囲外となると使い放題にはならなくなります。恐らく大手通信業者の回線になるのでしょうが、これが月2GBの制限をかけられているということです。

 

エリアが狭い上、自社エリア外では月2GB。はっきり言って、楽天モバイルのエリア内に居住し、通勤圏を持っている人しか恩恵を授かれないのです。

 

4.結論

東京23区内に居住し、かつチャレンジしてみたいという方は無料プログラムに参加してみるのもありだと思います。

しかし私は、このプランは論外でお金を払うまでもなく利用するまでもないと考えております。携帯電話は欠かせないインフラであり、どんな時も安定性が重要です。

「だったらキャリア使えよ」と突っ込まれると思いますが、MNVOで優秀なプランはかず多くあります。それぞれ癖がありますので、ご自身のライフスタイルにあった条件で検索し、比較されることをお勧めいたします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

他の記事も合わせてご覧ください。

 

www.siganai.com

www.siganai.com